スコップ団 関西

(スコップ団神戸改め)

「生き返らせることはできないよ オレたちは人を 

だけど 物は何とでも直せるじゃん人が一番だよ 

人を生き返らせられるんだったらオレは集めるよ ドラゴンボール

でも無理だからね 

せめて家とか車とか 何とかなるものは何とかするよね」

団長・平了の想いです。

 

スコップ団は「助けて」って声があればそこへ行き、津波被害に遭われたお宅で運び出し、思い出探し、泥かき、洗浄を行います。

団長と副団長はあの地震後すぐからガソリンを調達してあちこちに支援物資を届けたり、ペットを保護したり、時にはイルカを助けたり、ドライアイスの支援を呼びかけ安置所に届けたりと様々な事をしてきました。

そうしていろいろ動く中、お宅を津波にやられて途方に暮れている人達とたくさん出会ったそうです。

 

スコップ団はボランティアじゃないんです。

未来に友達になるかもしれない人達の手伝いに行ってるんです。

スコップ団はそれをボランティアとは呼びません。

3.11から何一つ変わらない状況の中で泣き暮らしている人達がまだまだたくさんいます。

目を背けても、見なかった事にしても、現実はずっとそこにあるんです。

 

 「俺たちが動いたって世界はびくともしねぇけど、誰かの世界は変えられる

誰でも出来ることなんだよ。 諦めなければ。」

 

スコップ団事務局より

このホームページはまだ携帯対応ではありません。

携帯では閲覧のみ可能となっています。(2011/09/22現在)

COPYRIGHT(C) schop dan-kobe ALL RIGHTS RESERVED